サッカーボールを追う! 元気に駆ける園児たち。 さぎぬま幼稚園(鷺沼)

2010-4さぎぬま幼稚園-1(学校法人 安藤学園)さぎぬま幼稚園(安藤 直園長・宮前区小台1-12-16)は、昭和51年に開園、現在320人の園児が保護者と徒歩通園をしている。
 35年前の秋、「おゆうぎ」、「おままごと」では満足できない子集まれ!!と呼びかけてサッカーが始まった。




2010-4さぎぬま幼稚園-2 過去に全日本幼稚園サッカー大会で3位、小学6年生までの卒業生で編成している「さぎぬまサッカークラブ」は、小学生4年の部で優勝、川崎市松村杯6年生の部では7年連続優勝など数々の輝かしい実績がある。このクラブからの卒業生には現役のJリーガー、世界のフットサルでの活躍やインターハイ、インカレなどサッカー以外のスポーツでも輝かしい実績を収めている。



2010-4さぎぬま幼稚園-3 練習日に伺うと、年長組男女の園児たちがユニフォーム姿で、ドリブルやシュート練習をしている。懸命にボールを追う姿、ゴールを決めた瞬間のガッツポーズや額に光る汗、満面な笑顔などその全てに感動が湧いてくる。当園を卒業した大学生が学業の合間にコーチとして後輩の指導をしている。やさしく見守るその姿はすがすがしく、輝いていた。父母の方々や卒業生など多くの人々の協力と強い絆に支えられている「サッカー」そんな思いを感じた。

宮前の風2号・2010.4 文・青柳和美)

【注意】掲載記事は、取材時のもので内容がかわっている場合があります。


カテゴリー: 施設, あの人この人 タグ: , , パーマリンク