お散歩 有馬北コース!!

2011-7散歩(宮前区)
 宮前平駅(東急田園都市線)を起点に宮前休日急患診療所(東有馬2-13-3)を終点とする約5.6Kmの有馬北コース(宮前区ガイドブック掲載)の散策。駅前に設置されている区の総合案内板でコース確認、ガイドブック片手に目指す旧国道246号有馬交差点へと坂道を歩く。私の得意とする気まぐれ散策で小台公園に立ち寄る。木々に囲まれ広々とした公園は子どもたち、家族連れで賑わっていた。有馬交差点を渡ると、紫色の花をつけた大木が2本、目の前に飛び込む。桐の花が青空に浮かんで見えるようで実に印象的だ。有馬つつじ公園を通り過ぎ住宅地を抜けると登り坂で両側には梨畑、野菜畑が広がる。有馬中央公園内に入り、腰を落としてひと休み。さわやかな風を感じて実に爽快だ。木々の緑も眩いくらいのなか飲んだコーヒーがやけに美味しく感じた。福王寺(有馬5丁目)に立ち寄る。本堂、保存樹木の古木のイチョウ、板碑や眼下に広がる有馬のまちが眺められた。近くには有馬神明神社がある。毎年10月の例大祭は盛大で子ども神輿、大人神輿が地域を練り歩き人びとを楽しませてくれる。この周辺はあたり一面に梨園があり特産物「宮前の梨」を生産している。通りすがり、作業をしていた園主の方に梨づくりのお話を伺った。美味しい梨が食べられる季節はもう少しだ。そんな思いを抱きながら天満宮まで歩き、ここからコース変更して県立川崎北高等学校の前を通りつげ・もみじの里に向かう。登り坂の両側に広がる手入れの行き届いた木々が鮮やかな緑をつけてお迎えしてくれた。ここからメロンの里を通りゴール地点を目指す。しばらく平坦な道を歩くと畑が広がり特産品「宮前メロン」を育てているハウスが見えた。昨年、「宮前メロン」を食べたが甘くてとっても美味しかった事を思い出す。起伏のあるコース、景観を楽しみ、春の風を受けながらゴールの宮前休日急患診療所まで約3時間の気ままに楽しんだ散策だった。通りすがりお話を伺ったり、丁寧に道を教えていただいたり人びとの心の温かさにふれあう事が出来ました。本当にありがとうございました。  

宮前の風7号・2011.7 文・青柳和美)

【注意】掲載記事は、取材時のもので内容がかわっている場合があります。


カテゴリー: 自然 タグ: , , パーマリンク