御食事処「サがミ」川崎宮前店

 国道246号線と尻手黒川線が交差した一角にあります。「サがミ」は名古屋に本社をおく、蕎麦(そば)をメーンとするが、饂飩(うどん)や各種和食を品揃えする全国展開のチェーン店。店内の石臼で挽いた蕎麦粉で打たれた蕎麦は新鮮で、腰が強く歯応え充分、人気です。「サがミ」の命名は、美しい風景と文化が込められた京都嵯峨野の味わいでおもてなしたいとの理念による。最大限のおもてなしをお客様にお届けするこだわりから、チェーン店は全店直営。当所に川崎宮前店をオープンしてから15年、地域に定着。川口晴圭店長のお話では、お客様には、地域に昔から定着している住民、転入者のほか、転勤族も多いとか。

2012-7sagami

新鮮な蕎麦粉をつくる店内設置の石臼

 川口店長のオススメ・スポットは、馬絹神社。
 「カがミ」川崎宮前店の広い駐車場は、馬絹神社の秋の例大祭で地区内を巡行する御神輿の神酒所のひとつとして開放、地域との連帯の一環に。
(宮前区馬絹1473-4 TEL.044-852-9954)
宮前の風11号・2012.7 文・坪井喬)

【注意】掲載記事は、取材時のもので内容がかわっている場合があります。

カテゴリー: グルメ タグ: , , パーマリンク